ニューエブリとは

東京都人材支援事業団の正会員・準会員の方のための保険です。日常生活における様々なリスクをカバーします。

ニューエブリってどんな保険?

都職員・教職員のみの限定保険

ニューエブリは、東京都人材支援事業団の運営事業で、都職員・教職員のみが加入できる保険です。

大手保険会社の安心の保険に、事業団のスケールメリットを活かして約43%も割安な金額で加入頂けます。事業団は3.5万人以上の会員がニューエブリに加入しているため、個人での加入に比べて大幅な割引金額で保険を提供できます。

4つの保険(傷害保険・医療保険・療養給付保険・レジャープラン)を自由に組み合わせることで、日常生活における様々なリスクを補償します。

3.5万人以上の事業団会員が加入

ニューエブリはいくらぐらいなの?

ニューエブリは4つの保険の組み合わせになり、どのような組み合わせになるかで保険料は異なります。

例えば、傷害保険の場合、個人なら月額360円、家族4人以上なら月額1,540からご加入いただけます。さらに最安コースの場合でも1億円の個人賠償責任補償特約がついています。
※個人コースのタイプS1を選択した場合

また医療保険の場合、28歳なら月額56062032歳なら月額580650からご加入いただけます。
※東京海上日動 タイプT1または損保ジャパン日本興亜 タイプJ1を選択した場合

 

ニューエブリは本当にお得なの?

ニューエブリは、保険料はスケールメリットにより割安となり、補償については過不足なく選ばれており、オススメな商品となっております。

東京都職員はどれぐらいニューエブリに入っているの?

3.5万人以上の東京都職員・教職員がニューエブリに加入しています。

東京都職員は約42%が加入(※)しており、局別では水道局(約70%)や交通局(約64%)は非常に高い割合で加入しています。

都職員の 約2人に1人が ニューエブリ加入

現在、教職員も約20%程度が加入しており、加入人数も年々増えています。

ニューエブリのデメリットは?

ニューエブリは募集時期が毎年1回(6月頃)と決まっており、その期間でないと加入・変更ができません。

年1回の募集に限定することで、事務手続きの負担を軽減し、少ないコストでより多くの都職員・教職員の皆さまに提供できるよう努めております。

ニューエブリの加入条件は?

ニューエブリは、東京都人材支援事業団の正会員・準会員およびそのご家族を対象とした保険です。

現職の方 東京都人材支援事業団の正会員または準会員であることはニューエブリの加入条件となります
退職された方 退職後は、退職者を対象とした「団体保険制度」があります。詳しくは、エイドセンターのホームページをご覧ください。

オススメのプランは?

傷害保険と医療保険にご加入いただくことをオススメします。

個人で加入するケース(28歳独身)

家族3人で加入するケース(ご夫婦ともに45歳、お子様13歳)

  • 傷害保険:夫婦コースFCタイプ + 個人コースSCタイプ(こども)

    月額4,170円

  • +

  • 医療保険:T4タイプ(2人分)+T1タイプ(こども)

    月額4,330円

  • +

  • 療養給付保険:R1型

    月額1,000円

  • ||

  • 月額合計保険料 9,500円

ご加入の流れプランのご相談