ずっと長く傷害保険に加入しているが、2018年度までと2019年では何がどう変わったのですか?  特に、どのような補償が増え、何がなくなるのですか?

ずっと長く傷害保険に加入しているが、2018年度までと2019年では何がどう変わったのですか?  特に、どのような補償が増え、何がなくなるのですか?

2018年度までの傷害保険の補償内容は傷害補償と個人賠償責任補償ですが、2019年以降は傷害補償・個人賠償責任補償に加え、従来のレジャープランで補償していた、救援者費用等・携行品損害も補償されました。
また、傷害保険はすべてのタイプが「地震補償あり」となり、傷害死亡・後遺障害、傷害入院、傷害通院について、地震・噴火・津波による事故も補償対象となりました。
交通事故等のケガの場合の1.5倍補償はなくなり、どのようなケガでも、パンフレットに記載の補償額でお支払いします。
従来のレジャープランで補償していたホールインワン・アルバトロス補償を、特約化しました。
詳しい内容は詳細は事業団のホームページ「Webいぶき」にログインし、「事業団団体保険のご案内」で案内しておりますのでご確認ください。