療養給付保険と長期療養給付保険は違いは何ですか?

療養給付保険と長期療養給付保険は違いは何ですか?

療養給付保険:就業不能になった8日目から372日目までの期間、保険金をお支払いします。
長期療養給付保険:就業障害になり、372日を超えてから最長満65歳の誕生日まで(精神障害は最長2年間)保険金をお支払いします。
比較的短期間の就業不能に対応するのが療養給付保険で、療養給付保険の補償期間を超える長期の就業障害に対応するのが長期療養給付保険になります。
また、仕事ができなくなった場合の「就業不能」(療養給付保険)、「就業障害」(長期療養給付保険)の定義も異なります。
詳細は事業団のホームページ「Webいぶき」に掲載している「事業団団体保険のご案内」で案内しておりますので、ログインしてご確認ください。